お問い合わせ
お問い合わせ

骨太教育論

骨太教育論
2022-02-08更新

公立高校選抜Ⅱ倍率の推移と2022年度大予想!!

こんにちは。今回は、広島県公立高校選抜Ⅱ倍率推移と、2022年度の大予想を紹介します。

過去5年分の倍率の推移

まずは、過去5年分の倍率の推移を学校別に見ていきましょう。

尾道北:1.11(H29)、0.96(H30)、1.11(H31)、1.01(R2)、1.02(R3)

誠之館:1.12(H29)、0.96(H30)、1.17(H31)、1.10(R2)、1.25(R3)

尾道東(普通):0.98(H29)、1.23(H30)、1.16(H31)、1.11(R2)、1.23(R3)

尾道東(国際教養):1.05(H29)、1.30(H30)、1.05(H31)、0.52(R2)、1.30(R3)

府中:1.10(H29)、0.92(H30)、1.04(H31)、0.97(R2)、0.92(R3)

大門(普通):1.21(H29)、1.17(H30)、1.10(H31)、1.10(R2)、1.17(R3)

大門(理数):0.83(H29)、1.09(H30)、1.13(H31)、0.87(R2)、1.09(R3)

神辺旭(普通):1.09(H29)、1.03(H30)、1.03(H31)、1.08(R2)、1.04(R3)

明王台:1.06(H29)、1.05(H30)、1.18(H31)、1.10(R2)、1.16(R3)

葦陽:1.41(H29)、1.30(H30)、1.19(H31)、1.11(R2)、1.25(R3)

松永:1.18(H29)、1.04(H30)、0.92(H31)、0.95(R2)、0.90(R3)

戸出:1.10(H29)、1.37(H30)、1.13(H31)、1.08(R2)、1.37(R3)

神辺:1.36(H29)、1.51(H30)、1.43(H31)、1.35(R2)、1.28(R3)

2022年度の倍率予想

それでは、この推移を利用して、2022年度の倍率を予想してみましょう!!ただし、あくまでも予想なので、参考程度にして下さい。

尾道北:僅かに↓(ダウン)

誠之館:↓(ダウン)

尾道東:↓(ダウン)

尾道東(普通):↓(ダウン)

尾道東(国際教養):↓(ダウン)

府中:→(ステイ)

大門(普通):↓(ダウン)

大門(理数):↑(アップ)

神辺旭(普通):→(ステイ)

明王台:↓(ダウン)

葦陽:↓(ダウン)

松永:→(ステイ)

戸出:↓(ダウン)

神辺:↓(ダウン)

ここまで書いて、ダウンがほとんどを占めてしまいました。しかし、今年度、市立福山高校の倍率が高かったことから、上位層が多いことが推測されます。もしかすると、尾道北~神辺旭の偏差値の範囲にある高校では、倍率の急上昇が見られる可能性があります。志望校に向けて、合格力を身に付けることは絶対条件ですが、倍率など情報に留意して、志望校を再検討することも必要となってくるかもしれません。

まとめ

教育サポートでは、先輩たちのデータをもとに、様々な角度から進路相談を実施することが可能です。お困りの方がいらっしゃいましたら、在塾生、外部生問わず、お気軽にご相談下さい。

関連投稿


各校のご紹介
校舎名をクリックすると詳細を表示します。
お近くの校舎までお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください
お問い合わせフォーム