お問い合わせ
お問い合わせ

瀬戸校ブログ

瀬戸校ブログ
2022-04-22更新

2022/4/22 中3スタンダードクラス授業へのフォローアップ(英語)

こんにちは、教育サポート瀬戸校の山中です。

今日は、中3スタンダードクラスへの英語授業のフォローアップをします。

和文英訳の問題でつまずく生徒が多く、しかも、それは現在学習している受動態や現在完了とは関係のない箇所であることが往々にしてあります。

では、どのような点をマスターすればいいのか見ていきましょう。

①英語の語順

主語 + 動詞 + 補語or目的語 + 動作の様子 + 場所 + 時.

ざっくりとこんな感じです。

②代名詞

this 「この」、that「あの」、the「その」、these「これらの」、those「あれらの」、the「それらの」

これらの代名詞の区別が特についていないようです。

③代名詞の活用

例えば、「わたし」の場合、I「私は」=主格、my「私の」=所有格、me「私を・に」=目的格、mine「私のもの」=所有代名詞と活用します。

主格は、主語として使われます。例)I like apples.

所有格は、名詞の修飾語として使われます。例)This is my bag.

目的格は、動詞の目的語、もしくは前置詞の後ろで用いられます。

例)Do you know me?(動詞の目的語)、Let’s go shopping with me.(前置詞の後ろ)

所有代名詞は、動詞の補語として用いられます。例)That cake is mine.

暗記することも大切ですが、それぞれの使用場面を意識することも重要です。

④疑問詞

who「誰」、what「何」、whose「誰のもの」、which「どちら」、where「どこ」、when「いつ」、how「どうやって」、why「なぜ」

まずは、これらを覚えましょう。

次に、howは様々な語と複合して用いられます。

how many「いくつ」、how much「いくら」、how old「何歳」、how long「どれくらいの期間」、how many times「何回」=how often

などがあります。これらも併せて覚えましょう。

以上です。

では、この記事を有効活用して、成績アップしちゃって下さい!!

 


各校のご紹介
校舎名をクリックすると詳細を表示します。
お近くの校舎までお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください
お問い合わせフォーム
2022-09-28更新
瀬戸校講師のコロナ感染について(*タップして確認)